フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★見たくないものが見えるのも才能?★鈍感なほうが幸せか(笑) | トップページ | ★冬の間の重賞戦線★活躍馬を稼動させる理由はひとつ »

2012年1月11日 (水)

★「大人の事情」って便利なコトバだねえ★日々の積み重ねで相当見える

いずれにしろ、目指しているところの問題?

いやいやそっから入るのも高飛車なんで、自分も最初からそうだったわけじゃない、

ってとこも説明しなくちゃね。最終目標に到達するには何が必要かを考え続けて、

「深く深く」とことん「深く」潜り込んでしまったわけ。

で、オッズとして並行していちばん信用できるのは「馬主の事情」。

これはホンモノ。そして馬主と騎手・厩舎の信頼関係。

正確に言うと馬主→厩舎(調教師)→騎手だけど、回りこんで馬主と騎手がツーカーという

ことも多い。

彼らがコミュニケーションを取ってる現場を押さえなくても、素人の馬券ファンでも、

「残った結果」を見れば「見落としちゃいけない関係」はおのずからリストアップされてくる。

もちろんメジャーなケースからマイナーなケースまでさまざまあり、

メジャーでもアバウトな関係性よりマイナーでも精度の高いもののほうが、馬券の信頼が

できると言える。

ただし、これは実在する個人名がかかわることなので、ブログで好き放題に実名を

あげるのもどうかと思う。そしてそれが本当にお金になるデータなら吹聴しないほうが

いいに決まってる。

まあまあ自分は関係者でもなんでもないので、自粛する義理はないんだが、

あまりにみんなに知られておいしくなくなるものどうかと思う。

そこらへんはやんわりと行くしかない。

いずれにしろ百発百中なわけはないし、断然1番人気で信頼度が高くても、

馬券的には貢献しないから、高確率で穴が来るほうが、知って買って楽しい。

もちろん馬券のまとめ方のテクニックには限界はないと思うけど。

その話は近々最新のものを整理してみようと思っているけどね。

で、今回書いておきたい自分の認識は、

要注意馬主のグレード分類。

これも日々刻々変わるんだ。このグレードとオッズ偏重が出た場合の確信度は

常に最新の状況を押さえなければならない。

経験則でいうと、要注意馬主×オッズ偏重の確率は2割はないと思う。

だからオッズ偏重馬→要注意馬主という複数の「組み合わせ」が的中のカギなんじゃないかな、

と思ってる。

で、要注意馬主のグレードは、

・油断禁物

・ベタ買いでもおいしい

・やるときはやる

・可能な限り軽視、グレードダウン

・意識外

この5グレードぐらいかな。

もちろん「ベタ買いでもおいしい」も複勝率の期待値MAXが5割を切るのが

トータルの数字なんで、3割前後の的中率でプラスになるかならないかのレベル。

だからいかに穴で来ないと儲からないか、ということがわかる。

馬券の控除率ってそれほどに厳しい。

ただし「できるだけ軽視、グレードダウン」という分類の馬(馬主)に重いシルシが

たくさんついていることも多いんで、いろいろ組み合わせってところ。

ちなみに「ベタ買いでもおいしい」はここんとこ減少傾向。

その裏を考えるのも重要なんだよね。

今日はこのへんで。長いわ!

« ★見たくないものが見えるのも才能?★鈍感なほうが幸せか(笑) | トップページ | ★冬の間の重賞戦線★活躍馬を稼動させる理由はひとつ »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/53710349

この記事へのトラックバック一覧です: ★「大人の事情」って便利なコトバだねえ★日々の積み重ねで相当見える:

« ★見たくないものが見えるのも才能?★鈍感なほうが幸せか(笑) | トップページ | ★冬の間の重賞戦線★活躍馬を稼動させる理由はひとつ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31