フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★オッズ打法のせっかくの肝★連続空振り? | トップページ | ★可能性?確率?★まずは守りから入る意識も大切 »

2011年12月12日 (月)

★馬券探偵第三回?★トータルプロデュース力は場数がすべて?

土曜日に自分のトナリで打っていたのはぎりぎり20代?ぐらいの青年。

だいたい地元ではヨレヨレの中高年が多いので、(知性のある)若者?が1日馬券を買っている

光景にはなかなか出くわさない。

まあ、それでも最後に購入馬券をデスクに残していってしまうあたりは十分甘いんだが、

きっかけは土曜の阪神7R。2着に単11人気のシセイギンガ、が入って、三連単23万

だったんだが、この青年、1着、2着が当たっていた。

「いくらつきます?」とふいに聞かれて「23万」と答えたあとで「獲りました?」とおそるおそる

聞くと、「3着迷ったんですけど…」と残念そうにしている。

どうすりゃシセイギンガ買えるんだ?と思ったが、買えたもんはしかたないし、惜しかったのも

事実。そんだけのやりとりで済むはずだったんだが、馬券を残していったばっかりに

探偵にさぐられてしまうとは彼も不幸だ。

三連複、三連単、馬連、馬単、ワイド、枠連、単勝、こんだけいろんな馬券種を

残していくのには何か理由があるだろう。もしかして、珍しくレースの狙いが見えている

馬券師?と一瞬思ったけど、使っている専門紙を思い返してみると、そうでもなさそう。

きっと「センス」はあるんだよね。

ときどき抜けているレースがあるので、それは当たったのかと思いつつ、馬券の買い目を

見ていくと、だんだんレースが進むにつれて、雑になって振り回していることが

透けて見えてくる。

やっぱり、そこまでの負けを挽回できる買い方へと、知らず知らずのうちに

シフトしてしまうんだな。彼のよいところはちゃんとオッズをとって、資金分配をしようと

していたところ。点数をしぼりつつ、好配当を目指す買い目選びにはなっていた。

でも最後のほうは雑になってしまう。

やっぱりここにポイントがあるんでしょう。

毎レース、全レースを買うのなら、それなりに期待値が見抜けないとつらい。

上位馬で堅いレースに対して、競馬にはゼッタイはない、とばかりに穴狙いでは、

無駄打ちが多くなりすぎやしないかね?

その日その日を完全燃焼しようとしたら、やっぱり競馬はトータルで勝てないでしょう。

« ★オッズ打法のせっかくの肝★連続空振り? | トップページ | ★可能性?確率?★まずは守りから入る意識も大切 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/53469881

この記事へのトラックバック一覧です: ★馬券探偵第三回?★トータルプロデュース力は場数がすべて?:

« ★オッズ打法のせっかくの肝★連続空振り? | トップページ | ★可能性?確率?★まずは守りから入る意識も大切 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31