フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★結果は騎手の巧拙だけじゃない!★レースを見てわかること | トップページ | ★重賞・想定読み★10.9…毎日王冠&京都大賞典 »

2011年10月 5日 (水)

★今日はいろいろごちゃまぜ★されど、基本は基本。

最近は競馬で納得のいかないことがちょっと多い。

いくらそれも含めてケイバだ、と言っても、けっこうイラっと来ている。

ま、それがまだまだ未熟な証拠か。

で、ふだんは水、木はあんまりブログネタが不足気味で更新しないけど、今日は

例外的に少したまったものを吐き出すことにしたい。

まずは凱旋門賞。

いや、日本馬のパフォーマンスじゃなくて、

勝ったデインドリームの権利をアノ吉田照哉氏が取得し、この秋、(現役馬として)

日本に連れてくるかもしれない、という噂。

で、凱旋門賞のロンシャンの現場に吉田氏はおらず

「中山でカレンチャンの口取りをしていた」という小ネタ。

しまった!

史上空前とも言える外国馬3頭を社台勢が見事に撃墜した!というオチに数時間

経つまで気づかないなんて!

無理やりフィフスペトル出してどうするんだ?なんてところにばかり注目が行っていた。

きっちり新興馬主の鈴木医師をエスコートしていたではないか!

さらに続くは、ノースヒルズvs社台勢の仁義なき戦い。

ビービーガルダン君の暴挙?によって哲三騎手が肋骨六本の重傷。

天皇賞秋は早くもピンチに陥るのか?アーネストリー。

哲三騎手のことだから、這ってでも出てくるに違いないが、それでいいのか?だ。

だからこそ、今週のトランセンドはまず1勝。じゃないか?

アーネストリーが宝塚記念勝利後のコメントで前田総帥は確かに

「G1・5勝目指します!」と言ったんだから。

にもかかわらず、社台勢は続くG1連戦、天皇賞秋、JC、有馬記念を陣容で圧倒。

毎日王冠組、京都大賞典組、天皇賞秋直行組の中から、もっとも調子の上がった

連中を2回ずつ?使って、賞金MAX獲得を目指す、という構図。

その野望にこれから来日する外国人騎手も1枚も2枚もかんでいる、と。

いやあ、これぞ競馬の読みの面白さ、人間読みの面白さ!

« ★結果は騎手の巧拙だけじゃない!★レースを見てわかること | トップページ | ★重賞・想定読み★10.9…毎日王冠&京都大賞典 »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52917376

この記事へのトラックバック一覧です: ★今日はいろいろごちゃまぜ★されど、基本は基本。:

« ★結果は騎手の巧拙だけじゃない!★レースを見てわかること | トップページ | ★重賞・想定読み★10.9…毎日王冠&京都大賞典 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31