フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★回収率160%、炎の大反撃★しかし、道半ば… | トップページ | ★とっても気になる★競馬負け組の得意論理 »

2011年10月23日 (日)

★すっかり身についた感触&ロジック★でも慢心は敵!

毎レース買うっていうのは、もうビョーキみたいなもんだけど、レースの期待値ごとに、

自在に買えていることには満足。

特に少頭数のレースを攻略することはけっこう重要。

土曜の京都7R、東京8R、東京メイン、日曜京都最終、京都5Rの的中は、

低配当ながら、どうだ!って感じ。

ま土曜の京都7Rなんて「買うな」ってレースなんですけどね。

これと日曜新潟メインの馬連2万馬券は繋がっているわけですよ、自分にしてみれば。

あと日曜東京1R。これも注意深く的中にたどりついた感じ。

何をどう判断してどう買うか。手順はだいぶ練れてきた。

しかし「何をやっても裏目、悪循環」とか、「激走判定馬の凡走」とかは常に隣り合わせ。

土曜順調にプラスで、日曜は5連勝スタート。3場3Rを終わって9打数7安打でも、

途中でパタリと止まる。どんなに粘り強く考えても、イマイチ決まらない。

日曜のハマリポイントは新潟7Rだったね。

激走確定馬がジョッキーが大事に乗り過ぎてまさかの4着!

しかも続く東京7Rで激走ランプが点灯。ここで連敗すると超イタイ。

控えめとは言いつつ、東京7Rを普通に買ってしまったあと、ちょっとドキドキ。

ここで不運が続くとそっから奈落へ一直線って経験もしたからね。

それにしても何の因果か、新潟の4着馬の師匠にあたる調教師の馬が東京7Rで

快走。ほっと胸をなでおろした次第。

しかし、この反撃も実は単発で、新潟10Rまで8連敗。

ま、東京10R以降は8打数5安打だったので盛り返したんだけど、

好スタートしても絶対中だるんでしまうのが、競馬のフシギ。

それにしても新潟7Rで4着の凡走騎手、やはりマズかったと見えて、

その後、2度の激走。やっぱり7Rで馬券にならなかったのは騎手の責任、ってのが

よくわかったけどね。(狙いは間違っていない、ちゅうことだ)

あと、今回つかんできたのは、無理筋馬券。終わってみると堅い決着なのに、

オッズには複数の穴馬に偏重が同時に出るパターン。だいたいはどれかが本当、

であることが多いけど、ひとつも決まらないケースもある。それって、レース距離が

カギなんだよね。中・長距離の場合は結局実力馬どうしで決まることがあり、

穴で勝負するほどにムダってこともあるみたいだ。

だから、強め、弱めの判断がポイント。これ、最初好スタートして、おちょくりペースを

気づいていけば、弱め、弱めでもけっこうリードがキープできるので、

やっぱり最初が肝心だわな。

それにしても馬主×厩舎、だよねえ、コツは。

« ★回収率160%、炎の大反撃★しかし、道半ば… | トップページ | ★とっても気になる★競馬負け組の得意論理 »

馬券回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/53067055

この記事へのトラックバック一覧です: ★すっかり身についた感触&ロジック★でも慢心は敵!:

« ★回収率160%、炎の大反撃★しかし、道半ば… | トップページ | ★とっても気になる★競馬負け組の得意論理 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31