フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« 軸馬の見つけ方と、馬券の膨らまし方。(まずは複勝) | トップページ | ★ワイド馬券の活用法★勝負につかうか、おちょくりに使うか? »

2011年9月11日 (日)

★効果的な馬連活用術★馬連は積極馬券か消極馬券か?

もうひとつ自分が馬券選択で難しいと思っているのが馬連の活用法。

「馬連をちゃんと買える人になりたい」

と以前思ったのは三連複に偏重していた時代のこと。

2頭当たるのにもう1頭が抜ける、ことでのストレスがたまったから。

当時は小倉、中京の芝1200の多頭数でボックス買いで高額配当をひっかけようとしていました。

つまり三頭買うと買い目が広がり過ぎる欠点を補うための作戦。

それが高じて、外枠有利、内枠有利のコースで狙うようになり、3着にどんな変な穴馬が

突っ込んでも馬券は当たるスタイルを発見したわけです。

ただ、問題はボックス買いをよしとすると、軸→相手の見極めを省略してしまうこと。

不的中だったとき、終わってみて、こっちの1頭は堅いと思ったのに相手が…となるわけで

まずその最初の1頭を複勝で押さえる選択肢はなかったのか?と悩んでしまう。

まあ、最初にこの1頭で大丈夫、と思わないからボックスに走るんだけど、

アバウトにしか考えていないということも確かにあって、不的中の場合に後悔が大きい。

昨日の土曜の中山8Rは外(8枠)不利の中山芝2000ということで、ざっくり狙ったのが

大当たりの78倍。でもこれにこだわるとやっぱりうまくいかない。連発は禁物のテク。

別の馬連パターンとしては、完全おちょくり系の馬連選択。

単1人気から2~5人気へただ流す。たまに気づいて2-1人気の馬単を足しておく。

それでそれなりに「的中」は拾える。配当が安いので回収への貢献度はほぼゼロだが、

ただ見送るよりはレースを楽しく見れる。ポイントはその単1人気が3着になってしまった

ときにカッカしないこと。それとその単1人気馬があまりに断然過ぎるときは、違う発想

(他の馬の複勝+単1人気へのワイド等)をしたほうが、おいしい、ということぐらい。

馬連の最初のパターンは積極馬券と消極馬券の中間ぐらいで、後者のパターンは

完全に消極馬券ですな。

三連複で苦い思いを続けている場合は、こういった発想で少し回復することもあるから、

きっと使えるテクでしょう。

« 軸馬の見つけ方と、馬券の膨らまし方。(まずは複勝) | トップページ | ★ワイド馬券の活用法★勝負につかうか、おちょくりに使うか? »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52703211

この記事へのトラックバック一覧です: ★効果的な馬連活用術★馬連は積極馬券か消極馬券か?:

« 軸馬の見つけ方と、馬券の膨らまし方。(まずは複勝) | トップページ | ★ワイド馬券の活用法★勝負につかうか、おちょくりに使うか? »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31