フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★スーパー未勝利★シビアな選択のウラに陣営の底力 | トップページ | ★重賞・想定読み★9.25…神戸新聞杯 »

2011年9月20日 (火)

★馬券に対する自信度★当たらなければ儲からない

最終的には個々の性格なんだと思うんですけどね。

的中率が10%でも「競馬に勝つ自信がある」「事実収支はプラスだ」

というのなら、それはそれですばらしい競馬の実力。

それが的中率5%で言えるのなら、生粋のギャンブラーと言えるかもしれません。

ただ、生粋のギャンブラーと生粋のギャンブル依存症は違います(笑)

馬券は当たらない限り、儲かることはない。

誰にでもわかることです。

ただし、

当てるだけでは儲かるとは限らない。

これも正しい。

ということで的中率と回収率の把握が重要だと思います。

とはいっても、自分の馬券成績を把握している人はほんの一部。

把握しようと意識している人さえほんの一部でしょう。

それでも毎週馬券を買いたい。

何ともいいようがありません。

自分の場合、CLUB A-PATでデータを見ると、2011年ここまでの的中率は31%。

それでも収支はマイナス。

単に的中率を上げればいい、というものではありませんが、

その中で効率のいい買い方、簡単に言えば、

美しい外し方の研究(→おちょくり馬券)を強く意識しています。

それは一定の的中は「必ずある」からです。

的中する以上にハズレ馬券を買っているからマイナスなのです。

何よりも「馬券が当たらない自分」が大嫌い。スタートはそこから。

もしかすると、

「そんだけ高い的中率で、マイナスになるのはおかしい」

そう考えている人が世の中、多いのでは?

と思ってこれを書いてみました。

マイナスになるのは毎レース、毎レース買うからだよ。

こういう意見を言う人もいますが、

レース数を減らして的中率がさらに上がるのなら、レース数は減らしたほうが

いいですが、変わらないのなら、変わるのは負けている実額。

「競馬は負けるものだ」

で、必ず負ける前提なら、買うレースを3分の1にすればマイナス額は3分の1に

なるでしょう。それでは何も問題の改善になっていない。

もちろん借金するほど負けているのなら改善になりますけどね。

まあ、ここでも意見が分かれるところだとは思います。

ここではちょっと気になったので自分の考え方を書いてみました。

誰でも「競馬が当たる自分」はまず好きだと思うんですけどね。

« ★スーパー未勝利★シビアな選択のウラに陣営の底力 | トップページ | ★重賞・想定読み★9.25…神戸新聞杯 »

競馬MYスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52779403

この記事へのトラックバック一覧です: ★馬券に対する自信度★当たらなければ儲からない:

« ★スーパー未勝利★シビアな選択のウラに陣営の底力 | トップページ | ★重賞・想定読み★9.25…神戸新聞杯 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31