フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★再度整理してみる★「社台系」の持つ深い意味 | トップページ | ★重賞・想定読み★9.18…ローズS »

2011年9月16日 (金)

★重賞・想定読み★9.18…セントライト記念

今週もいろいろ順調じゃない。

でも重賞読み・想定読みが書けないのはそのせいばかりでもない。

難しいからね。

社台読み、だし。

セントライト記念は神戸新聞杯とセット。現時点で来週の神戸新聞杯に出走予定の

馬と比べて、社台系全体でどう考えているか、を読まなければいけない。

1.3冠を狙うオルフェーヴルが神戸新聞杯で始動→

菊花賞で本気で負かしに行くとすると、今回は勝負を避けておくか、それとも?

2.菊花賞ではとてもかなわないとするとセントライト記念G2の賞金はとてもおいしい

→ただし他の陣営はみんな同じことを考えるだろう

3.菊花賞に出れるかどうかはともかく、ここで力を試したい

→レースが終わってから先のことは考える、可能性はあくまで追求したい

こんなところか。

それにしてもセントライト記念の登録馬18頭中、13頭が社台系で、

これはいくらなんでもオルフェを避けたから、だけの理由じゃない。

純粋に可能性を残した馬の絶対数が違う、ということ。

神戸新聞杯も社台だらけ、のはずだ。

ベルシャザールのマツクニ師は

「はっきり言ってオルフェと戦いたくないので、ココ」とコメントしたらしいぞ。

ということは栗東からの遠征馬に脈あり。

でも、神戸新聞杯との完全なる使い分けは差し引き。

こういう権利取りのレースは、賞金のないものほど勝負が原則だが、今回はオルフェが

絡むのでその点ははっきり紛れるだろう。

うーん、早い話が神戸新聞杯の予定馬を整理したほうが手っ取り早そうだ。

今朝のサンスポをもとに…

イグアス(角居)、ウィンバリアシオン(松永昌)、オルフェーヴル(池江)、

カルドブレッサ(吉田)、カーマイン(石坂)、ギュスターヴクライ(荒川)、

クレスコグランド(石坂)、ショウナンマイティ(梅田智)、ステラロッサ(角居)、

スマートロビン(松田国)、ダノンシャーク(大久保龍)、ダノンミル(藤原英)、

フレールジャック(友道)

この中で騎手の乗り分け、馬主の使い分け、厩舎の使い分けが根拠になって

出走馬が決まるわけだ。

サンスポの想定を信じると、(先に書いたほうがセントライト記念出走予定、後が神戸新聞杯)

アンカツ→ベルシャザール、ウインバリアシオン

四位→ムスカテール、イグアス

岩田→サダムパテック、ダノンミル

厩舎は

松田国英→ベルシャザール、スマートロビン

友道康夫→ムスカテール、フレールジャック

藤原英昭→トーセンラー、ダノンミル

角居勝彦→ハーキュリーズ+レッドセインツ、イグアス+ステラロッサ

これに「賞金足りてる・足りてない」の要素が加わるわけ。

G1の晴れ舞台の出走がかかってくるので、オルフェを避ける・避けないの単純な

問題だけでもないわけだ。

って書いて微妙に気になったのは両レースに騎乗予定の騎手が3人しかいないこと。

セントライト記念当日は札幌競馬が休みで阪神競馬があるので、

ここまで札幌主戦場の騎手が中山、阪神に散る。

でもこの3人しか来ない。もともと阪神主戦場の騎手の多くは18日阪神で乗る。

わざわざ中山に来ない。けっこうここも読むポイントだろう。

セントライト記念、そこまで勝負じゃない?

またこの逆、神戸新聞杯に勝負がかりで遠征する関東の騎手、今のところでは

見当たらない。同日に古馬のオールカマーがある。そっちにお手馬がいれば、

神戸新聞杯、乗れない。

そういうわけでセントライト記念が難解である要素は十分すぎるほど足りた、と

思う。

だから、当日のオッズで買います(笑)

« ★再度整理してみる★「社台系」の持つ深い意味 | トップページ | ★重賞・想定読み★9.18…ローズS »

想定読み・気配読み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52742267

この記事へのトラックバック一覧です: ★重賞・想定読み★9.18…セントライト記念:

« ★再度整理してみる★「社台系」の持つ深い意味 | トップページ | ★重賞・想定読み★9.18…ローズS »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31