フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★反省競馬…8/7日曜★まとめ | トップページ | ★鬼の居ぬ間…ということは?★POGの達人はそれを逆手に取る? »

2011年8月11日 (木)

★2歳重賞第一弾終了★2歳戦の血統傾向は?

簡単に言うけど、切り方はけっこう難しい。

じゃ、まずはきっかけから。

「アドマイヤムーン、初年度産駒で世代初重賞制覇」

これで喜ぶのは誰ですかね?

アルカセット、ファンタスティックライトで結果を出せずに苦しんでいた、

ダーレージャパンスタリオンでしょう。

ただ、函館2歳に1頭しか社台系生産馬は出ていなかったけど、しっかり2着を確保。

統計で見えてこない部分がそこにあるんじゃないかね。

それと

「新馬戦のデータ」「未勝利戦のデータ」と「1勝以上馬を含む世代全馬のデータ」

では中身が違ってくること。

全馬データでは成功パターンが増幅されるからね。

レース数の多い新馬、未勝利で馬券を的中させるために取るデータなら、

全馬データはいらないでしょう。

ここまでが集計分析の前提。

それでは「新馬+未勝利」で2歳馬データを取っていきます。(8.7までのデータ)

この場合押さえていく必要があるのは、未勝利で勝てずに出走を繰り返していると

そういう馬が多い分、数値が落ちる、ということですな。

出走数が多い順に、

ダイワメジャー、ケイムホーム、シンボリクリスエス、デュランダル、キングカメハメハ、

クロフネ、アグネスデジタル、ロドリゴデトリアーノ、タニノギムレット、メイショウボーラー。

8位のロドリゴデトリアーノは九州産馬が集中して叩きだした出走数だから、この時点でも

いまいちフラットなデータにはならないのかなあ?

出走数トップ10ではSS系は新種牡馬のダイワメジャーとデュランダルのみ。

この中で複勝率トップはクロフネの43.5%。それに続くのは、ダイワメジャーの31.9%。

出走数が多いほど、数字は良くない印象だ。

キングカメハメハに至っては複勝率12.5%(ロドリゴデトリアーノは0%)で、

いったいどうしちゃったんでしょう?

出走数11位以下で複勝率が光るのは12位サクラバクシンオー52.6%、17位ファスリエフ50.0%、

19位アグネスタキオン42.9%、21位マンハッタンカフェ42.9%、22位プリサイスエンド61.5%、

23位サムライハート46.2%。

ちなみに重賞制覇の18位アドマイヤムーンは40.0%、33位ハーツクライが54.5%

35位ディープインパクト50.0%。

結局血統が割れているということなんだけど、早めにデビューさせて出走を繰り返すと

数字が落ちる傾向がすでに表れているみたい。

その中で、生産者データに集計項目を変えてみると、1位ノーザンファーム37.3%、

3位社台ファーム55.6%、11位ノースヒルズ70.0%。

やっぱり種牡馬じゃなく、こっちを見なければいけないのかも?

真打はこれから登場、ってことでしょうか。

鬼の居ぬ間の洗濯、まだまだ続く、かな。

===================================================================

追記:

このあとで新馬戦のみの集計と比較しようと思ったけど、まだ未勝利戦のデータ数も

少なく、それほどの差が出てこない。あるとすれば「叩いてよくなる傾向の血統」と

「新馬で勝てないと未勝利で上積みがない傾向の血統」なんだけど、開催が進むと

芝→ダート替わりで激走、という要素も絡むのであんまり重要でないんだよね、

新馬vs未勝利の差って。

いやあ、キンカメ不調が気になるなあ。ディープインパクトもこの数字でいまいちって

言われるんだからつらいわ。

« ★反省競馬…8/7日曜★まとめ | トップページ | ★鬼の居ぬ間…ということは?★POGの達人はそれを逆手に取る? »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52446091

この記事へのトラックバック一覧です: ★2歳重賞第一弾終了★2歳戦の血統傾向は?:

« ★反省競馬…8/7日曜★まとめ | トップページ | ★鬼の居ぬ間…ということは?★POGの達人はそれを逆手に取る? »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31