フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★見えたぞ、見事な対比★ピンとキリ…でもどちらも人間! | トップページ | ★日々刻々★風の向きをしっかり感じて進め。 »

2011年7月11日 (月)

★こんな日は★意外な?有力オーナー勢力図…単に結果だけど

日曜…そもそもの後悔は電車の乗り遅れだが、

猛暑だからって安易に指定席を志向するボンクラ心理はいかがなものか、と。

いや七夕賞だったからなのかもしれないが、七夕賞が中山で施行されるのは確かに

珍しいが、弥生賞より混むのはちょっとどうなのか。

まあ、そのおかげで○年ぶりに(去年の函館であったな)競馬場の一般エリアで

1日過ごさせていただきました。高齢者のたまり場でまたひとつ勉強になりました。

そんなチープさと、有力馬主の馬券のやりあいのコントラストがあまりに強烈過ぎて、前言

【★見えたぞ、見事な対比★ピンとキリ…でもどちらも人間!】

の続きを書いておりやす。

ちょっと日曜の馬券になった馬主を調べてみたんだが、

シルクが穴をあけていたのが印象的。それにマイネル軍団も強かった。7発馬券に

絡んだ。出走頭数が多いので目立たないが、けっこう来てたと思う。

近年の有力組では野田夫妻。4発決まった。

近藤夫妻も京都で2発。栄進も前日に続き京都で2発。

前田組も2頭出しワンツー含め、3発。見落としていけないのはゼンノ大迫の

中山での地味な2発か。あとはだいたいバラけていて最低の一発。

金子組も函館最終で自分に狙い撃たれた一発のみで終了。

こうして見ていくと、里見オーナー、山本オーナー(個人名義では京都で一発のみ)の

薄さがやっぱり気になる。オースミ勢もけっこう意識があったのに一発のみ。

あとは有力個人オーナーが参加している社台RHの2発、サンデーR、キャロットも

これに続いて2発ずつ、ぐらいは当然だね。

そうそうトーセン島川オーナーも中山最終で3着一発のみというのも気になるところ。

こんな日は、強さ、えぐさを測るには絶好。キャラ負けのオーナーさんたちは

別の日に稼ぐので、ギラギラ組と棲み分けていくと思うからね。

« ★見えたぞ、見事な対比★ピンとキリ…でもどちらも人間! | トップページ | ★日々刻々★風の向きをしっかり感じて進め。 »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52175396

この記事へのトラックバック一覧です: ★こんな日は★意外な?有力オーナー勢力図…単に結果だけど:

« ★見えたぞ、見事な対比★ピンとキリ…でもどちらも人間! | トップページ | ★日々刻々★風の向きをしっかり感じて進め。 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31