フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★血統データ最前線(5)★ダート専門?ダート兼用? | トップページ | ★血統データ最前線(7)★母父でも何かがわかる! »

2011年7月 6日 (水)

★血統データ最前線(6)★芝偏重種牡馬はダートで消し、なのか?

一連の流れの一応の締め、です。

成長力、については軽々に論ずるのは難しいんで今回は見送っておきます。

さて、ダートにこだわった使われ方をする種牡馬がいるいっぽうで、

芝にこだわった使われ方をする種牡馬も当然います。

顕著な例は、

ディープインパクト(89.9%)、ハーツクライ(87.5%)、ステイゴールド(74.4%)

アグネスタキオン(70.2%)、キングカメハメハ(67.7%)、スペシャルウィーク(67.2%)、

ジャングルポケット(66.9%)、チーフベアハート(66.1%)など。

問題はこれらの種牡馬がダートを走ったとき、どんな成績かということ。

ダートNGはディープインパクト牝馬、ハーツクライ牡馬、ステイゴールド牝馬、

スペシャルウィーク牝馬。

ステイゴールド牡馬は牝馬よりはダート走れているが、やっぱり芝実績のほうが

高い。

ジャングルポケット牝馬は3歳世代はやや苦手が薄れている状況なので、

微妙な感じ。アグネスタキオン牡馬に至ってはダートの数字は優秀で出走が少なくても

逆に買い。

チーフベアハートは出走数も複勝率も低いのに複回は大きく100円を超え、

穴気質であることがうかがえる。…のでダートだからと言って簡単に消せない。

特に未勝利戦になると、ダート替わり、芝替わりが頻出するので、そのとき

どう判断するかの材料としてこれらのデータは非常に重要。

【★血統データ最前線(5)★ダート専門?ダート兼用?】

« ★血統データ最前線(5)★ダート専門?ダート兼用? | トップページ | ★血統データ最前線(7)★母父でも何かがわかる! »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52133315

この記事へのトラックバック一覧です: ★血統データ最前線(6)★芝偏重種牡馬はダートで消し、なのか?:

« ★血統データ最前線(5)★ダート専門?ダート兼用? | トップページ | ★血統データ最前線(7)★母父でも何かがわかる! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31