フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★JRA夏キャン…IPAT編★1stステージでお里が知れませんように。 | トップページ | ★後藤調教師の勇退(2)★JRA-HP転厩馬発表の不備について »

2011年7月21日 (木)

★後藤調教師の勇退★JRA-HP転厩馬発表の不明瞭…なぜ?

後藤由之調教師の勇退の件について、小さな波紋が地道に広がっている。

勇退のきっかけとなった要因が果たして何なのか、明確に推測することもできないが、

自分で馬の素質を見抜いて馬主に紹介して購入してもらい、自分の方法論で鍛えて走らせ、賞金を稼ぐ。そして成果の喜びを関係者で共有する

という流れが少しずつ変わってきたということもあるかもしれない。

で、ここで展開しようとした記事はそういった「変わりゆく競馬の問題点」ではなく、

JRAの発表だ。

勇退厩舎からの転厩馬のお知らせ7月21日付

発表されたのは14頭。

後藤厩舎の管理馬は18頭。

以下の4頭が含まれていない。

トーホウパスポルテ、モリトブイコール、タイキブルース、トウカイメロディ

新聞報道によればトウカイメロディは栗東の野中厩舎だそうだが、なぜこの4頭が

発表から漏れているのか。

ちなみに美浦での開業待ち調教師はゼロ名。

栗東に2名。

調教師が足りない。勇退する方々に追いつかない。

美浦ではまだ辞められない調教師がいるらしい。

転厩が発表された14頭のうち8頭が開業1年目の厩舎へ移っていく。

厩務員も馬についていくのだろうか。

ぜひ新天地で活躍してほしいものだ。

« ★JRA夏キャン…IPAT編★1stステージでお里が知れませんように。 | トップページ | ★後藤調教師の勇退(2)★JRA-HP転厩馬発表の不備について »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52266019

この記事へのトラックバック一覧です: ★後藤調教師の勇退★JRA-HP転厩馬発表の不明瞭…なぜ?:

« ★JRA夏キャン…IPAT編★1stステージでお里が知れませんように。 | トップページ | ★後藤調教師の勇退(2)★JRA-HP転厩馬発表の不備について »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31