フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★血の偏りが別の偏りを呼ぶ★走れる牡馬、走れない牝馬?PART2 | トップページ | ★JRA後半日程発表★小倉に続き、新潟を酷使確定 »

2011年6月30日 (木)

★血統データ最前線★傾向はあくまで傾向、馬券はあくまで馬券

いやあ、実際分析してみると難解だわ、血統。

牡馬牝馬どっちが優秀か、ダート・芝どっちが走るか。

世代によって違うのか、成長力があるのか。

やっぱりね、人間の思惑だわ。

こういうデータにしている原因の半分以上は人間だわ。

たとえばクロフネ産駒。ダートで使われ過ぎ。

たとえばステイゴールド産駒。芝で使われ過ぎ。

アグネスタキオン産駒の牡馬。芝での強さはトップ3。

だからこそクロフネ牝馬は芝、ステイゴールド牡馬はダート、アグネスタキオン牡馬は

ダートで穴が開く。

出走数が偏れば、1頭2頭の変異馬が全部データをひっくり返す。

これが真実。

その中でクロフネ牡馬の芝は買えない、ステイゴールド牝馬のダートは買えない。

こういう希少なケースをとらえていくしかない。

じゃあ、どういう手法がいいのか。現役馬の多い世代の分析をして、他世代と比較する。

共通の傾向なのか、反動なのか、見極める。

世代を超えて安定した傾向ならインプットしておく。

ただしそれもオッズ激走の裏付け、の域を出ない。

予兆が出たら買えるのか、それでも買えないのか、ひたすら引き出しを増やすこと、

でしょう。

ちなみに種牡馬成績×コース(距離)はモノにならないと思う。

調子が良ければ阪神も京都も走る馬は多いので、どっちかが得意とはっきり分類できる

ケースは少ない。

馬主が「なんとかしろ」と言ったら、可能な限りなんとかしなければいけないのが預託されてる側。

「京都競馬場に行くときはよろしく」なら京都成績が突出してもおかしくない。

それは種牡馬適性とはいえませんな。

いやあ、複勝率が低いのに単回・複回が100円オーバーのケース、あまりに多いっす。

« ★血の偏りが別の偏りを呼ぶ★走れる牡馬、走れない牝馬?PART2 | トップページ | ★JRA後半日程発表★小倉に続き、新潟を酷使確定 »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52080955

この記事へのトラックバック一覧です: ★血統データ最前線★傾向はあくまで傾向、馬券はあくまで馬券:

» 中央競馬はもう買わないで!! [地方競馬完全攻略プログラム]
もう競馬場に行く必要さえありません。あなたはサイトを参考にデータを入力し数値化したデータをマニュアル通りに買うだけ!たったこれだけの作業で的中馬券を量産できます。すべての作業がネットだけで完結します。 [続きを読む]

« ★血の偏りが別の偏りを呼ぶ★走れる牡馬、走れない牝馬?PART2 | トップページ | ★JRA後半日程発表★小倉に続き、新潟を酷使確定 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31