フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★実例&教訓★おちょくり馬券の真実PART2 | トップページ | ★インサイダーのサイン★ほんとうに誰も気づかないのか? »

2011年6月12日 (日)

★競馬場の指定席が寂しい理由★負のオーラが身を滅ぼす。

今日は指定席の左右両隣が競馬に集中していない状況で、

よく18レースも的中できたと思う。

二人のツキを自分がみんな吸い取った、ということにしておこう。

特に左隣の若者は今日の目的が「友人を東京競馬場に連れてくること」で、

競馬にはまったく関心なし。その前に落ち着きがなく集中力は欠如。

新しく契約したワイマックスをスマホで楽しんでいたが、動画が重いと

ブーたれていた。KPOPがどうの、おいしいピザ屋がどうの、競馬と関係ない

話ばかりしていた。

集中力がないのは本人のキャラなのでしょうがないが、正しくない知識をひけらかしたり、

言わなくてもいいことを口にしたり、という邪魔のしかたは競馬以前だろう。

右隣の年配者は読書の途中に東京競馬だけやっていた。

何レースか当たっていたようだが、ただただ無感情。

目の前のレースの合間に読書するって、それも集中できなくないか?

しかもレースが発走すると、しょうがないなとメガネをかけて大型ビジョンに

目をやる。本を読むときはメガネがいらない状況なんだよね。

後ろのお兄さんも今日はしゃべりっぱなし。連れの「先輩」に競馬を指南しているようで

いて自分はさっぱり当たっていない。

「他は当たらなくても、目の前のレースが当たれば満足」とか

「馬場が悪いのでインコースは不利」とか、ちょっと困った発言を連発。

こんだけ恵まれていない環境で勝てた自分に誇りを感じるほどだ。

競馬場の指定席に座って思うのは、彼らにとって競馬は非日常であるということ。

だから不必要にテンションも上がるのだろう。

それがいい結果をもたらさない、という経験値も不足している。

自分の肉体的、精神的コンディショニングが重要ということをなぜ気づかないのだろう。

それは自分の実力をわかっていないから。だよなあ。

失敗が続いてネガティブな気持ちになるなら、競馬は彼らに何の幸福ももたらしていない

ってことなんだよな。

もうそれ、残念でしかない。

たぶん世の中って、そうやって自分を客観視できない人が9割がたなんだと思うと、

暗い気持ちになるね。

« ★実例&教訓★おちょくり馬券の真実PART2 | トップページ | ★インサイダーのサイン★ほんとうに誰も気づかないのか? »

競馬場のダメ人間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/51926561

この記事へのトラックバック一覧です: ★競馬場の指定席が寂しい理由★負のオーラが身を滅ぼす。:

« ★実例&教訓★おちょくり馬券の真実PART2 | トップページ | ★インサイダーのサイン★ほんとうに誰も気づかないのか? »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31