フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★生産者データ★影の実力者ランキング?その2 | トップページ | ★三連複馬券キホンのキ★二頭軸と一頭軸…そして合成オッズ »

2011年6月 7日 (火)

★ヤバイ話→憶測ですが★一人勝ちがいいはずがない

生産者ランキングで社台F、ノーザンFがいかにコンスタントに高い数字を

残しているか、賞金シェア/出走シェア指数で一目瞭然だったと思う。

結果的に社台の一人勝ちではあるが、見逃してはならないのは

社台F(吉田照哉氏)vsノーザンF(吉田勝巳氏)というライバル関係も成立している点。

この御兄弟の切磋琢磨が結果として「社台グループ上位独占」という形に

あらわれている。

気になるのは出走シェアの推移。

社台Fは09年→10年→11年で6.2%、6.7%、7.5%

ノーザンFは09年→10年→11年で5.8%、6.4%、6.6%

出走数レベルで少し寡占が進んでいるように見える。

当然非社台側生産者も完全敵対というわけでなく、それなりの距離を保ちつつも

馬産地を盛り上げていきたい、という思いで日々の業務に励んでいるはずだ。

言い方は悪いが社台Gの型式落ちのSS系種牡馬や、繁殖牝馬の放出のおかげで、

非社台の生産者も食らいついて行っているのが実情だろう。

ここしばらくで疑問に思っているのが吉田和美氏所有馬の生産者名。

外国産も含め、社台G以外の馬が非常に目立つ。

これらは社台側の振興策、提携策なのではないかと感じている。

つまり、非社台でも「社台に近い生産者」「敵対モードの強い生産者」の色分けは

あるだろう、ということ。

まあ牧場と言えども、企業経営の範疇に入るとするなら、実績を残したもん勝ち、

なわけで、そういった集計データの面から人々の経済活動をチェックするのも

ありだろう。

最後に、関係者でもないのにここまで突っ込めるTarget+JRA-VANのコンビに

感謝したい。次の新カテはTarget様様論になるかもしれない(笑)

どこまで行っても100%活用は不可能な素晴らしいソフトですよね>久根崎様ありがとうございます。

« ★生産者データ★影の実力者ランキング?その2 | トップページ | ★三連複馬券キホンのキ★二頭軸と一頭軸…そして合成オッズ »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/51878385

この記事へのトラックバック一覧です: ★ヤバイ話→憶測ですが★一人勝ちがいいはずがない:

« ★生産者データ★影の実力者ランキング?その2 | トップページ | ★三連複馬券キホンのキ★二頭軸と一頭軸…そして合成オッズ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31