フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★宝塚記念★視点を変えたら、「法則」があった!(冗談) | トップページ | ★リクエストに応えて?★珍しい種牡馬その1=ダンシングカラー »

2011年6月21日 (火)

★好きですダート短距離の追い込み馬★スピードは才能か?

日曜日のオッズ激走馬の中に松岡が500勝を達成したユーディドイットがいる。

この馬はマル外で父バーンスタイン。手塚厩舎、馬主は藤田在子氏。

この中山2Rがデビュー戦でいきな出遅れ。最後方から上がり35.8秒の末脚で

差し切った。上がり3Fの2位が37.1秒だから、他馬が止まって見える感じというヤツ。

「行け~っマツオカ、よーし!アタマで来い!500勝だっ!」

気持ちよくモニターの前で絶叫させていただいた。

もちろんオッズを見て、直前まで伸びていたので、スタートを見て「ありゃりゃ」とは

思ったが、道中ポジションを上げていく様子を見て、ホントにうれしくなった。

話はここから。

この中山ダ1200で記録した上がり35.8。ちょっとこの意味を調べてみた。

もちろん重馬場ということはあるんだが、新馬・未勝利でこれ以上の末脚を記録した馬は

10年間で2頭。(本馬とあと1頭、ゴールドバシリスク)

500万まで含めても10年間で7頭しかいない。

すべてのクラスで調べても、35,8秒より速い(同タイム含)10年間で79頭で、

2回以上記録したのは4頭しかいない。(ビクトリーテツニーはなんと同条件で8回も記録!

あとの3頭は2回記録)

まあ、マグレじゃダメだ、という結論なんだけど、これを再度記録できるなら、

相当に期待できるというわけ。

これを中山ダ1200以外(ダ1000は除く)の

新馬・未勝利で見ていくと5年間(2006.1.1以降)に24頭。

この中にはマグレで1回だけ、という馬もいて、問題は成長力、ということが

よーくわかる。

ただ、OPまで出征している馬も少なくない。

ざっと見た中ですごいのはオペラモーヴ(中竹)。良馬場の京都ダ1200未勝利で

35.6秒を記録した後、500万も連勝している。

これはスピードあるねえ。この昇級戦でも馬券的中させたけど、1馬身半で3番手から

楽勝している。

もう1頭同レベルなのがワンダーゴヴェルノ(野村)。デビューしてから10回走って、

初めて馬券になったレースが、35.7(不良馬場)

次走で再び36秒を切り、あっさり勝ち上がり。

消耗戦主体のダート短距離で

上がりのしっかりしている馬って安心して見ていられるからね。

朝からレースを見ている意義をちょっぴり語ってみました。

« ★宝塚記念★視点を変えたら、「法則」があった!(冗談) | トップページ | ★リクエストに応えて?★珍しい種牡馬その1=ダンシングカラー »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52001759

この記事へのトラックバック一覧です: ★好きですダート短距離の追い込み馬★スピードは才能か?:

« ★宝塚記念★視点を変えたら、「法則」があった!(冗談) | トップページ | ★リクエストに応えて?★珍しい種牡馬その1=ダンシングカラー »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31