フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★ないネタ、ひねり出し★必要ならコメントすればいいのに。 | トップページ | ★血統データ最前線★傾向はあくまで傾向、馬券はあくまで馬券 »

2011年6月29日 (水)

★血の偏りが別の偏りを呼ぶ★走れる牡馬、走れない牝馬?PART2

続けて2008年産(現4歳馬)の実績分析に突入。

やっぱり難解だね。ほぼ各種牡馬、世代ごとに特徴が違う。

登録頭数もけっこう増減してるし。

ただ2009年産はディープインパクト、ハーツクライが割り込んだので、既存の順位が

大きく変わっていることと傾向の変化は密接な関係があるはず。

なんたってこの世代はダンスインザダークが登録4位、スペシャルウィークが7位。

ジャングルポケットに至っては17位だったんだよね。

しかし気になるのは2009年産のほうが圧倒的に牡馬の実績が良いのに、

2008年はそれほど差がないということ。牝馬が晩成なのか、世代格差なのか。

今度は年齢別の実績もしっかり見ないといけない。

いやあ深すぎて疲れた。今日はこれでやめとく。

2008年産もクロフネ牡馬が芝に弱いのは共通だったが、複勝率では牡牝の差はなし。

ただし、差がないのに単回を見ると牝馬がいい数値。すべて100円オーバー。

ということは穴で勝ち切るキャラなんだな。クロフネ牝馬、注目しとこ。

« ★ないネタ、ひねり出し★必要ならコメントすればいいのに。 | トップページ | ★血統データ最前線★傾向はあくまで傾向、馬券はあくまで馬券 »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/52078770

この記事へのトラックバック一覧です: ★血の偏りが別の偏りを呼ぶ★走れる牡馬、走れない牝馬?PART2:

« ★ないネタ、ひねり出し★必要ならコメントすればいいのに。 | トップページ | ★血統データ最前線★傾向はあくまで傾向、馬券はあくまで馬券 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31