フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★出走側の論理とは★騎手起用の真意を読む | トップページ | ★馬券を買う側の立場になって★完全な対応の競馬場なんてナイ »

2011年5月 5日 (木)

★JRA職員も日々勉強★今となっては笑い話

これまでにJRAにさまざまなクレームを投げつけてきたんで、

こっちもだいぶクレーム慣れ(笑)

今となっちゃ笑い話、ですが、こんなことがあった。

場所は函館競馬場。

4月、中山開催が中止になり3場開催じゃなく2場開催で除外馬が続出。

美浦から小倉に輸送するにはいろいろリスクがあり…なんて読みつつ、

単なる思いつきで、JRA職員にこんな質問をしてみた。

「出馬投票する側ってどの程度の出走間隔で通りそうとかわかるんですかね?

3歳未勝利戦で除外されたら優先出走権が発生するんですかね?」

いやあ、冷静に考えてみれば競争の1~5着馬に優先出走権が発生しているのに

除外されただけで別な優先出走権が発生していたら、むちゃくちゃな混乱状態になるわけで。

除外目的の出馬投票がここでも横行してしまうわけで、冷静に考えれば

「俺もなんちゅうことを聞いたんじゃ」な質問なわけだが、

質問を受けたHというJRA職員は「少々お待ちください」とルールブックをめくり始めた。

その時点で「即答できないなんて話にならん」と冷たくあしらったわけだが、

ルールブックなんてわかるような日本語で書いてないよな。

ためしにJRAのHPで確認してみるといい。

ちなみに自分は1000万下の優先出走権が1~3着馬で発生する、という一文を

発見できずじまい。読んでも読んでもわからなかった。

っていうか、わざとわからないように難しく書いてあるし。

わざと、ね。

JRA職員でも解読に困るほど難解な表現をしておいて、HPでルールは公開済み、

という対応もないもんだよな。

なんか、まさか「騎手のAB」を検索する方がいらっしゃるとはゆめにも思いませんでしたが、

ルールの逆手をとることが賢い出走なんでは?と思える昨今でありますな。

そういえば、一昨年の某G1レースで、G1の調教ゼッケンが必要なので登録した、

という馬がいましたねえ。そんなことするからG1でのあからさまな除外には

優先出走権は発生しなくなっちゃったわけですが(笑)

« ★出走側の論理とは★騎手起用の真意を読む | トップページ | ★馬券を買う側の立場になって★完全な対応の競馬場なんてナイ »

JRAにモノ申す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/51589522

この記事へのトラックバック一覧です: ★JRA職員も日々勉強★今となっては笑い話:

« ★出走側の論理とは★騎手起用の真意を読む | トップページ | ★馬券を買う側の立場になって★完全な対応の競馬場なんてナイ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31