フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« JRA、開催のやりくりに四苦八苦 | トップページ | JRA★危機意識のなさ→サービス向上への無関心・その2 »

2011年4月28日 (木)

JRA★危機意識のなさ→サービス向上への無関心・その1

競馬はまずは自分との戦い、と意識して久しい。

どこで打とうが平常心で変わらずに打つ、だいぶ実践できていると思う。

わざわざふだんと違う競馬場に来て無駄に高揚していては結果はよろしくない。

先週は京都競馬場だったが、競馬だけのために関東から遠征する奴は

激レアだろう。府中でG1が行われている週にわざわざ行くなんて。

まあ、そういう姿勢だから別に、という感じではあるけれど。

打ちやすい競馬場…最近はほとんどの場所で無線LANが完備しているので

ぎりぎりまでオッズを観察して直前にすっと投票することができる。

その点では「馬券を買う」行為そのものに対して、どこでも打ちやすさは変わらない。

となると競馬場までの交通手段とか、宿泊場所とかそういう総合的な評価も関係してくる。

阪神と京都では阪神のほうが通いやすい。

ホテルから最寄り駅までの距離は阪神のほうがやや遠いが、着いてからは阪神のほうがラク。

淀は帰りがめんどうくさい。京阪の京都行のホームまでが遠い。

それにしても先週は「皐月賞が京都競馬場?で始まった流れ」で

写真で紹介したように非常に入りが悪かった。最近はこんなことが多いんですか?

「特A」の特はゴールに近いいい席ということだと思うのだが、まったくの不人気。

土日ともC段はお客さんはほぼゼロであった。(つづく)

« JRA、開催のやりくりに四苦八苦 | トップページ | JRA★危機意識のなさ→サービス向上への無関心・その2 »

JRAにモノ申す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/51513445

この記事へのトラックバック一覧です: JRA★危機意識のなさ→サービス向上への無関心・その1:

« JRA、開催のやりくりに四苦八苦 | トップページ | JRA★危機意識のなさ→サービス向上への無関心・その2 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31