フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★競馬で勝てないしくみ★それが本質、という点が悲しい | トップページ | ★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択PART2 »

2011年4月27日 (水)

★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択

情報会社の存在を知らない人は論外。

(でも過半数の馬券ファンはそうなのかも)

有料で「極秘情報」とやらを買って、それで競馬が勝てるほど甘くはない。

ただし、馬券を当てるのはカンタンだから、偶然とあいまってそれなりの確率では

ハデな的中は出る。ただ続かない。

そこで個人情報を売り渡したら、次から次へと

今度こそは確実

お誘いがどんどんやってくる。

あとはどれだけ意思が弱いか。

だって自分もいまだに

「無駄銭があったら試してみたりして」

と一瞬思う。

ただ、スポーツ紙などの怪しい広告がまかりとおるのはそれなりの理由があるわけでね。

広告の審査なんて法律に抵触していなければセーフなんだから。

「情報商材」の購入条件に「あくまで自己責任で」「保障はしません」と小さく書いてあっても

読もうとしないアンタが悪いって話だしなあ。

だからよく考えると

自分の欲が最大の敵

ということになる。

馬券理論×自己管理

でしょ?

JRAへの売り上げ貢献はともかく、とりあえずそこまではたどりつかないと。

そういや、昨夜の飲み会で

「アグネスタキオン」の故障で自分の競馬は終わった、などと昔話に華を咲かせていた。

「トータルで負けても、いっとき勝つ快感が競馬の魅力」などとわけ知りに語っていた。

静内ウインズで馬券を買ったことがあり、(自分はないが)馬産地は経験者が多いので

「差せ」とか「そのまま」とか絶叫すると周囲に必ず利害のからむ人がいるので静かに

闘志を秘めてモニターを見つめているのが他の場所と違う、などと知ったような話を

一般素人の女性スタッフに説明していた。

もっと現在、未来をしっかり見つめたほうが自分のためなのに、と自分は思った。

自分よりひとまわりも下なのに、こういった「頑固者」ってけっこう多い。

いかん、脱線してしまった。次は話を戻そう。

« ★競馬で勝てないしくみ★それが本質、という点が悲しい | トップページ | ★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択PART2 »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/51505394

この記事へのトラックバック一覧です: ★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択:

« ★競馬で勝てないしくみ★それが本質、という点が悲しい | トップページ | ★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択PART2 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31