フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択 | トップページ | ★馬券術構築への準備★常に新しい流れを意識すべき »

2011年4月27日 (水)

★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択PART2

競馬を続けていくうえで「お世話になった」(直接お会いしてではなくても)人々の存在も

忘れてはならない。あなたには自分の馬券観に大きく影響を与えた人物は何人いますか?

まあ、叩いてやりたい人物はネットで多数出会ったけどね(苦笑)

で、小宮城なる人物。競馬セブンという情報会社のスタッフでKKベストセラーズから

単行本を2冊出している。そう「最強の法則」で連載中の馬主馬券術「オーナーサイダー」だ。

この人のブログのおかげで、負けそうなときにもだいぶ食い止めていただいている。

そうは言っても情報は買ってない。

いちおう無料会員という奴だ。

彼の、というかその情報会社の「考え方」を知ることは

競馬のからくりを知る

ことへの一助となった。これは間違いない。

でも彼のブログでの行動をよーく観察すると、

向上心のある馬券ファンがいかに少ないか、そしてそこに人間の本質がある、

ことまで透けて見えてしまう。

いかに長続きしている「ちゃんとした情報会社」でも、競馬で勝つのは難しいことも見えてくる。

お客さんを減らさずにいたら、定期的な会員募集は必要がないし、会員を増やし続けたら

オッズが下がり、利益を確実に提供できない、なんて考えればわかることだろう。

彼らがどういう馬券を「的中」と呼んでいるか、と「小宮(ブログ)情報」を掛け合わせると

競馬の厳しさを間接的に知ることになる。

競馬で食っている、けれど、ギャンブルで食っているわけではない、

ギャンブルをしている人の存在で食っている人たちの食べていくための視点、

を考えてみなさい、ということだな。

最後にこういった一種プロフェッショナルの人たちの情報でも

情報ランクの高いものがハズれ、情報ランク下位のものが穴馬券を演出することは

頻繁にある。これも競馬の本質。

ほらね、先々週のコパノカチーノ、シルポートの激走には参りました、でしょう、皆さん。

まあ、いつもこうではないけど、高い確率でこうなる、ことが的中率アップのキモだからね。

« ★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択 | トップページ | ★馬券術構築への準備★常に新しい流れを意識すべき »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/51505464

この記事へのトラックバック一覧です: ★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択PART2:

« ★競馬で勝てないしくみ★情報会社という選択 | トップページ | ★馬券術構築への準備★常に新しい流れを意識すべき »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31